「完本山口組三代目田岡一雄自伝」田岡一雄著

公開日: 更新日:

 日本最大の任侠組織「山口組」を率いた3代目組長の自伝。

 大正2年、徳島県の貧農の家に生まれた氏は、幼くして両親を亡くし、神戸に住む叔父に引き取られる。尋常小学校を卒業し、旋盤工として働き始めるが、上司を殴って仕事に行かなくなったときに同級生の山口に声をかけられる。山口組2代目山口登の弟である彼に誘われ、組が仕切る荷揚げ労務者の寄せ場に転がり込んだのが極道渡世への第一歩だった。破門された元組員を殺して服役した氏が、昭和18年に出所すると、組はわずか数人になっており、亡き2代目の遺言で3代目を襲名することに……。

 世間に誤解されながらも任侠に生きたその人生を赤裸々につづる。

(徳間書店 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  5. 5

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

  8. 8

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  9. 9

    嵐、小倉智昭、安藤優子…東京五輪“花道卒業”総崩れの後味

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る