• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「完本山口組三代目田岡一雄自伝」田岡一雄著

 日本最大の任侠組織「山口組」を率いた3代目組長の自伝。

 大正2年、徳島県の貧農の家に生まれた氏は、幼くして両親を亡くし、神戸に住む叔父に引き取られる。尋常小学校を卒業し、旋盤工として働き始めるが、上司を殴って仕事に行かなくなったときに同級生の山口に声をかけられる。山口組2代目山口登の弟である彼に誘われ、組が仕切る荷揚げ労務者の寄せ場に転がり込んだのが極道渡世への第一歩だった。破門された元組員を殺して服役した氏が、昭和18年に出所すると、組はわずか数人になっており、亡き2代目の遺言で3代目を襲名することに……。

 世間に誤解されながらも任侠に生きたその人生を赤裸々につづる。

(徳間書店 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

もっと見る