「完本山口組三代目田岡一雄自伝」田岡一雄著

公開日:  更新日:

 日本最大の任侠組織「山口組」を率いた3代目組長の自伝。

 大正2年、徳島県の貧農の家に生まれた氏は、幼くして両親を亡くし、神戸に住む叔父に引き取られる。尋常小学校を卒業し、旋盤工として働き始めるが、上司を殴って仕事に行かなくなったときに同級生の山口に声をかけられる。山口組2代目山口登の弟である彼に誘われ、組が仕切る荷揚げ労務者の寄せ場に転がり込んだのが極道渡世への第一歩だった。破門された元組員を殺して服役した氏が、昭和18年に出所すると、組はわずか数人になっており、亡き2代目の遺言で3代目を襲名することに……。

 世間に誤解されながらも任侠に生きたその人生を赤裸々につづる。

(徳間書店 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る