「炎四郎無頼剣淫殺篇」鳴海丈著

公開日:  更新日:

 浪人の炎四郎は、路上で沙絵と名乗る女に声をかけられ、茶屋に入る。市中を騒がす凄腕の辻斬りに旗本の父親を殺されたという沙絵は、仇討ちを炎四郎に依頼してきた。炎四郎は、命がけの仇討ちを人に頼む代わりに「女のお前さんは、何を賭けるのかね」と、沙絵の前に仁王立ちになり、その眼前に自分の逸物をつかみ出す。たっぷりと沙絵を味わい依頼を引き受けた炎四郎は、南町奉行所の定廻り同心・黒田にわいろを手渡し、あることを調べさせる。亥の中刻、辻斬りを待ち伏せするため待乳山聖天宮の前に立った炎四郎を、男装した女剣士が辻斬りと間違え、斬りかかってきた。(「辻斬りを斬れ」)

 官能時代小説シリーズ第1弾。

(文芸社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る