• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「炎四郎無頼剣淫殺篇」鳴海丈著

 浪人の炎四郎は、路上で沙絵と名乗る女に声をかけられ、茶屋に入る。市中を騒がす凄腕の辻斬りに旗本の父親を殺されたという沙絵は、仇討ちを炎四郎に依頼してきた。炎四郎は、命がけの仇討ちを人に頼む代わりに「女のお前さんは、何を賭けるのかね」と、沙絵の前に仁王立ちになり、その眼前に自分の逸物をつかみ出す。たっぷりと沙絵を味わい依頼を引き受けた炎四郎は、南町奉行所の定廻り同心・黒田にわいろを手渡し、あることを調べさせる。亥の中刻、辻斬りを待ち伏せするため待乳山聖天宮の前に立った炎四郎を、男装した女剣士が辻斬りと間違え、斬りかかってきた。(「辻斬りを斬れ」)

 官能時代小説シリーズ第1弾。

(文芸社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る