「炎四郎無頼剣淫殺篇」鳴海丈著

公開日:  更新日:

 浪人の炎四郎は、路上で沙絵と名乗る女に声をかけられ、茶屋に入る。市中を騒がす凄腕の辻斬りに旗本の父親を殺されたという沙絵は、仇討ちを炎四郎に依頼してきた。炎四郎は、命がけの仇討ちを人に頼む代わりに「女のお前さんは、何を賭けるのかね」と、沙絵の前に仁王立ちになり、その眼前に自分の逸物をつかみ出す。たっぷりと沙絵を味わい依頼を引き受けた炎四郎は、南町奉行所の定廻り同心・黒田にわいろを手渡し、あることを調べさせる。亥の中刻、辻斬りを待ち伏せするため待乳山聖天宮の前に立った炎四郎を、男装した女剣士が辻斬りと間違え、斬りかかってきた。(「辻斬りを斬れ」)

 官能時代小説シリーズ第1弾。

(文芸社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る