【下流と貧困】「下流社会」が流行語になってからはや10年。いまや下流を超えて貧困が固定化しているという。

公開日: 更新日:

 10年前、「下流社会」でベストセラーをとばした著者。果たして日本はさらなる下流化を続けているのか、それとも中流に何とかとどまっているのか。その答えを探して新たな調査を展開、その結果をまとめたのが本書だ。

 冒頭ショッキングなのは、著者が分析した調査回答者全体の階層意識。「上」から「下」までを5段階に分けた結果では「中の中」が35・8%と最大だったが、上中下3段階に分けると「上」14%、「中」36%、「下」43%。過去10年で下流化が進行し、意識のトップに出たのだ。この数値は高度成長が始まったばかりの昭和30年代半ばとほぼ同率。そこまで時代が「逆戻りした」と著者はみる。

 細かく見ると、いまや60代で現役を退いた団塊世代がことごとく下流化意識を顕著に示している。他方で2000万円以上もする輸入車は売り上げを伸ばし、軽自動車とならぶほどの高い購買力を見せる。つまりみんなが「いつかはクラウン」と憧れる時代は去り、富裕層はますます豊かに、そして大衆はますます下流化するという二極の格差が固定化する時代になっているのである。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る