【下流と貧困】「下流社会」が流行語になってからはや10年。いまや下流を超えて貧困が固定化しているという。

公開日:  更新日:

 10年前、「下流社会」でベストセラーをとばした著者。果たして日本はさらなる下流化を続けているのか、それとも中流に何とかとどまっているのか。その答えを探して新たな調査を展開、その結果をまとめたのが本書だ。

 冒頭ショッキングなのは、著者が分析した調査回答者全体の階層意識。「上」から「下」までを5段階に分けた結果では「中の中」が35・8%と最大だったが、上中下3段階に分けると「上」14%、「中」36%、「下」43%。過去10年で下流化が進行し、意識のトップに出たのだ。この数値は高度成長が始まったばかりの昭和30年代半ばとほぼ同率。そこまで時代が「逆戻りした」と著者はみる。

 細かく見ると、いまや60代で現役を退いた団塊世代がことごとく下流化意識を顕著に示している。他方で2000万円以上もする輸入車は売り上げを伸ばし、軽自動車とならぶほどの高い購買力を見せる。つまりみんなが「いつかはクラウン」と憧れる時代は去り、富裕層はますます豊かに、そして大衆はますます下流化するという二極の格差が固定化する時代になっているのである。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る