【70年目の終戦記念日】永遠平和は空虚な理念ではなく、課された使命

公開日:  更新日:

「永遠平和のために」カント著、池内紀訳

 かつて十字軍の騎士たちの末裔がつくった東プロイセンの都市ケーニヒスベルクで生涯をすごした哲学者カント。その彼が70歳を過ぎて著した有名な著作が「永遠平和のために」。国連設立の理念の礎となり、わが国の憲法第9条にもつながったこの著作を新訳し、デザインにも工夫をこらしたのが本書だ。

「戦争状態とは、武力によって正義を主張するという悲しむべき非常手段にすぎない」「国の軍隊を、共通の敵でもないべつの国を攻撃するため他の国に貸すなどということはあってはならない」「行動派を自称する政治家は、過ちを犯して国民を絶望の淵に追いやっても、責任は転嫁する」「永遠平和は空虚な理念ではなく、われわれに課された使命である」……。

 まるで戦争法案に揺れる現代ニッポンやその強行採決に狂奔する誰かサンを名指ししているような言い回しばかりだが、実はこれが今から2世紀以上も前の著作の一節なのだから驚き、あきれ、やがて考え込まずにはおれない。まこと歴史は繰り返すのだろうか。(集英社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る