【70年目の終戦記念日】永遠平和は空虚な理念ではなく、課された使命

公開日:  更新日:

「永遠平和のために」カント著、池内紀訳

 かつて十字軍の騎士たちの末裔がつくった東プロイセンの都市ケーニヒスベルクで生涯をすごした哲学者カント。その彼が70歳を過ぎて著した有名な著作が「永遠平和のために」。国連設立の理念の礎となり、わが国の憲法第9条にもつながったこの著作を新訳し、デザインにも工夫をこらしたのが本書だ。

「戦争状態とは、武力によって正義を主張するという悲しむべき非常手段にすぎない」「国の軍隊を、共通の敵でもないべつの国を攻撃するため他の国に貸すなどということはあってはならない」「行動派を自称する政治家は、過ちを犯して国民を絶望の淵に追いやっても、責任は転嫁する」「永遠平和は空虚な理念ではなく、われわれに課された使命である」……。

 まるで戦争法案に揺れる現代ニッポンやその強行採決に狂奔する誰かサンを名指ししているような言い回しばかりだが、実はこれが今から2世紀以上も前の著作の一節なのだから驚き、あきれ、やがて考え込まずにはおれない。まこと歴史は繰り返すのだろうか。(集英社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る