【現代医療の素顔】難病予防から移植手術、不妊問題まで現代医療のさまざまな素顔に迫る

公開日: 更新日:

「ルポ生殖ビジネス」日比野由利著

 出産年齢の高齢化にともなって深刻化する不妊問題。国内では体外受精は結婚した身で配偶者とでないと認められないが、海外なら可能。それゆえ卵子提供や代理出産などの「生殖ビジネス」がグローバルな規模で急拡大しているのだ。本書はその実態を広く取材し、出産ビジネスの盛んなインドやタイ、ベトナムにも現地取材したルポ。

 世界で初めて代理出産を合法化したイスラエルでは、非合法のゲイカップルが子どもを欲してタイにやってくる例なども多いという。他方で各国の法制度が異なるため、生まれた子どもが無国籍になってしまう悲劇も。

 著者は生命倫理学を専門とする社会学者だが、取材は綿密かつ具体的で、ノンフィクション・ジャーナリズムとしても大いに読みごたえがある。副題は「世界で『出産』はどう商品化されているか」。要するに出産がビジネスになる背景はグローバルな経済格差なのだ。「出産」を軸に現代と世界の複雑な素顔に迫った力作。(朝日新聞出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    照ノ富士Vの裏で…白鵬と鶴竜の休場癖に武蔵川親方も苦言

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    小池女帝の見切り発車「午後10時閉店」に都庁さえも大混乱

もっと見る