【ハラスメントいろいろ】セクハラにパワハラ、最近ではモラハラやマタハラも加わった「ハラスメント百態」。

公開日:  更新日:

「パワハラにあったときどうすればいいかわかる本」いじめ・メンタルヘルス労働者支援センター、磯村大著

「パワー」は力、権力。「ハラスメント」は嫌がらせ。つまり「上からの立場を利用したイジメ・嫌がらせ」というわけで、職場の上司や学校の教師からのものが多くなる。ただ、合併した企業では部下から上司のこともあるし、クラスのイジメのように同輩どうしでも数をたのんだパワハラは起こり得る。職場の飲み会に自分だけ呼ばれないということもあるのだ。

 パワハラに気づいたら早めに立ち上がるのが肝心。ためらっていると解決も難しくなる。社内の相談窓口に行けば配転などの措置がとられることもあるが、うまくいかなければ組合に相談するのも手。組合がなければ地域のユニオンを探すのがいい。職場の組合では当てにならないこともある。

 またパワハラは心身の異常を引き起こすこともあり得る。逆に心身の異常が原因でパワハラに走る上司などという例もあるという。パワハラ問題などを専門に手がける団体と精神科医による手引書だけに実際的なアドバイスが豊富。(合同出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

もっと見る