【ハラスメントいろいろ】セクハラにパワハラ、最近ではモラハラやマタハラも加わった「ハラスメント百態」。

公開日:  更新日:

「パワハラにあったときどうすればいいかわかる本」いじめ・メンタルヘルス労働者支援センター、磯村大著

「パワー」は力、権力。「ハラスメント」は嫌がらせ。つまり「上からの立場を利用したイジメ・嫌がらせ」というわけで、職場の上司や学校の教師からのものが多くなる。ただ、合併した企業では部下から上司のこともあるし、クラスのイジメのように同輩どうしでも数をたのんだパワハラは起こり得る。職場の飲み会に自分だけ呼ばれないということもあるのだ。

 パワハラに気づいたら早めに立ち上がるのが肝心。ためらっていると解決も難しくなる。社内の相談窓口に行けば配転などの措置がとられることもあるが、うまくいかなければ組合に相談するのも手。組合がなければ地域のユニオンを探すのがいい。職場の組合では当てにならないこともある。

 またパワハラは心身の異常を引き起こすこともあり得る。逆に心身の異常が原因でパワハラに走る上司などという例もあるという。パワハラ問題などを専門に手がける団体と精神科医による手引書だけに実際的なアドバイスが豊富。(合同出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る