ODAが鍵を握る世界遺産登録の舞台裏

公開日:  更新日:

 1972年に「人類共通の遺産の保護・保全」という理念のもとで出発した世界遺産。しかし現在、多すぎる登録数や政治介入などにより、さまざまな問題も発生している。木曽功著「世界遺産ビジネス」(小学館 740円+税)では、過渡期にある世界遺産の実像について、元ユネスコ大使が明らかにしていく。

 世界遺産に対する注目度が高まったのは、諸外国においても90年代に入ってからだ。世界規模のツーリズムが発展し、海外旅行者数は全世界で年間5億人を突破。多くの国が観光産業を基幹産業と捉え、集客力のあるコンテンツとして世界遺産登録に躍起になった。

 日本でも、1995年登録の「白川郷・五箇山の合掌造り集落」で、登録前の観光客が年間70万人弱だったのに対し、登録以降は年間平均150万人を維持。2014年登録の「富岡製糸場と絹産業遺産群」の来場者数は、前年度の31万人から134万人に急増している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る