ODAが鍵を握る世界遺産登録の舞台裏

公開日:  更新日:

 1972年に「人類共通の遺産の保護・保全」という理念のもとで出発した世界遺産。しかし現在、多すぎる登録数や政治介入などにより、さまざまな問題も発生している。木曽功著「世界遺産ビジネス」(小学館 740円+税)では、過渡期にある世界遺産の実像について、元ユネスコ大使が明らかにしていく。

 世界遺産に対する注目度が高まったのは、諸外国においても90年代に入ってからだ。世界規模のツーリズムが発展し、海外旅行者数は全世界で年間5億人を突破。多くの国が観光産業を基幹産業と捉え、集客力のあるコンテンツとして世界遺産登録に躍起になった。

 日本でも、1995年登録の「白川郷・五箇山の合掌造り集落」で、登録前の観光客が年間70万人弱だったのに対し、登録以降は年間平均150万人を維持。2014年登録の「富岡製糸場と絹産業遺産群」の来場者数は、前年度の31万人から134万人に急増している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る