• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ODAが鍵を握る世界遺産登録の舞台裏

 1972年に「人類共通の遺産の保護・保全」という理念のもとで出発した世界遺産。しかし現在、多すぎる登録数や政治介入などにより、さまざまな問題も発生している。木曽功著「世界遺産ビジネス」(小学館 740円+税)では、過渡期にある世界遺産の実像について、元ユネスコ大使が明らかにしていく。

 世界遺産に対する注目度が高まったのは、諸外国においても90年代に入ってからだ。世界規模のツーリズムが発展し、海外旅行者数は全世界で年間5億人を突破。多くの国が観光産業を基幹産業と捉え、集客力のあるコンテンツとして世界遺産登録に躍起になった。

 日本でも、1995年登録の「白川郷・五箇山の合掌造り集落」で、登録前の観光客が年間70万人弱だったのに対し、登録以降は年間平均150万人を維持。2014年登録の「富岡製糸場と絹産業遺産群」の来場者数は、前年度の31万人から134万人に急増している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る