「ご飯は最強の健康食」加藤直哉著

公開日: 更新日:

 糖質ダイエットの流行で敬遠されがちなご飯。しかし、実際はご飯を食べても太らないし、肉を食べ過ぎる糖質制限食は寿命をも縮めると本書は警告する。

 ご飯を悪者にしているのは糖質の存在だろう。しかし、ご飯の糖質と砂糖をイコールと考えるのは大間違い。確かに砂糖は非常にハイカロリーで、体内での吸収も早く血糖値を急上昇させる。ところが、ご飯には糖質だけでなく食物繊維やでんぷんなどさまざまな成分が含まれるため、体内で分解や吸収に時間を要し、糖を脂肪に変える作用も弱いという。むしろ、キャベツ100グラムに匹敵するビタミンB1や、ホウレンソウ3分の1束に相当する亜鉛なども含まれる理想的な食材なのだ。ご飯とあわせたい、理想のおかずレシピ付きだ。(祥伝社 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る

人気キーワード