「ご飯は最強の健康食」加藤直哉著

公開日:  更新日:

 糖質ダイエットの流行で敬遠されがちなご飯。しかし、実際はご飯を食べても太らないし、肉を食べ過ぎる糖質制限食は寿命をも縮めると本書は警告する。

 ご飯を悪者にしているのは糖質の存在だろう。しかし、ご飯の糖質と砂糖をイコールと考えるのは大間違い。確かに砂糖は非常にハイカロリーで、体内での吸収も早く血糖値を急上昇させる。ところが、ご飯には糖質だけでなく食物繊維やでんぷんなどさまざまな成分が含まれるため、体内で分解や吸収に時間を要し、糖を脂肪に変える作用も弱いという。むしろ、キャベツ100グラムに匹敵するビタミンB1や、ホウレンソウ3分の1束に相当する亜鉛なども含まれる理想的な食材なのだ。ご飯とあわせたい、理想のおかずレシピ付きだ。(祥伝社 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る