「ご飯は最強の健康食」加藤直哉著

公開日:  更新日:

 糖質ダイエットの流行で敬遠されがちなご飯。しかし、実際はご飯を食べても太らないし、肉を食べ過ぎる糖質制限食は寿命をも縮めると本書は警告する。

 ご飯を悪者にしているのは糖質の存在だろう。しかし、ご飯の糖質と砂糖をイコールと考えるのは大間違い。確かに砂糖は非常にハイカロリーで、体内での吸収も早く血糖値を急上昇させる。ところが、ご飯には糖質だけでなく食物繊維やでんぷんなどさまざまな成分が含まれるため、体内で分解や吸収に時間を要し、糖を脂肪に変える作用も弱いという。むしろ、キャベツ100グラムに匹敵するビタミンB1や、ホウレンソウ3分の1束に相当する亜鉛なども含まれる理想的な食材なのだ。ご飯とあわせたい、理想のおかずレシピ付きだ。(祥伝社 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る