「10歳若返る! トウガラシを食べて体をねじるダイエット健康法」松井薫著

公開日:  更新日:

 激しい運動や食事制限は必要なし。「トウガラシ体操」と「ねじるエクササイズ」で代謝を高め、2カ月で10キロ以上の減量や部分やせも可能にする方法を伝授する。

 トウガラシ体操は、血行促進効果のあるトウガラシ入りの料理を食べるか、カプサイシンのサプリメントを取ってから行う。「真っすぐに立ってかかとを上げながら両手を左右に広げ、かかとを下ろして両手を下ろす」を繰り返すなど、動きは至ってシンプル。しかし、筋肉が効率的に動き、褐色脂肪細胞が活性化して代謝が高まりやすい。

 ねじるエクササイズでは、腹をへこませたまま上体を左右に倒すなど、筋肉を最大限に収縮させて消費エネルギーを高める。これだけで、脇腹のぜい肉もスッキリ解消されるはずだ。(講談社 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る