「心を変えれば健康になれる!~アドラー心理学で病気も良くなる」江部康二著

公開日:  更新日:

 フロイトやユングと並び、3大心理学と呼ばれるアドラーの心理学。アドラーは「人間関係は自分の心を変えることで変えられ、人生の悩みも心を変えることで解決できる」という考えを提唱した人物だ。本書では、糖質制限ブームの立役者である著者が、アドラー的な考え方での病気への向き合い方について語っている。

 例えば、病気になってしまっても、単なる事実として受け止め、プラスやマイナスで考えないこと。病気を弱点と捉えると、自己否定によって人生がつまらないものになる。一方、病気の自分は特別な存在だと思うのも、実は自己否定と表裏一体だ。

 病気は自分の事実のひとつと捉えること。これで心が軽くなり、自分らしく人生を生きることができるはずだ。

(東洋経済新報社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る