「認知症がイヤなら『腸』を鍛えなさい」新谷弘実著

公開日:  更新日:

 日本の認知症患者は2012年時点で約460万人。予備群も含めると800万人を超えているという。そのため、認知症の発症リスクを減らす脳トレなどが注目されているが、日米で35万例以上の胃腸内視鏡検査を行ってきた著者は、腸の環境を整えることこそが認知症予防の要であるという。

 腸は脳に次いで神経細胞が多い器官であり、腸と脳が双方向に影響し合う「腸脳相関」という働きにより、腸内環境は脳の働きに多大な影響を与える。

 腸を若返らせたいなら、体内酵素を補う食品を取るのがお勧めだ。野菜や果物、そして刺し身など、生で食べる食品がいい。

 また、とくに有効なのが発酵食品。納豆やぬか漬けは体内酵素を増やすため、積極的に食事に取り入れよう。(SBクリエイティブ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る