• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「なぜ、胃が健康な人は病気にならないのか?」江田証著

 近頃の研究では、動脈硬化やがんなどのさまざまな疾患に“炎症”が関係していることが分かってきた。炎症を起こしている部分には白血球から放出されるサイトカインという物質が集まるが、炎症が慢性化するとサイトカインが血液に乗り、全身に悪影響を及ぼす。

 そして、人間の体の中でもっとも炎症を起こしやすく、面積も広いのが胃。胃の健康を守っておかないと、寿命にも関わる思わぬ疾患を招きやすくなるのだ。

 本書では、胃の炎症を防いで健康を維持するための工夫を紹介。食材でおすすめなのがブロッコリーで、スルフォラファンという成分がピロリ菌を抑えたり炎症を改善してくれる。朝食をしっかりと取り朝から胃を動かすことも、胃を健康にする第一歩になるという。

(PHP研究所 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る