• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

恋する昆虫図鑑 篠原かをり著

 悪女の代名詞のようにいわれているカマキリのメスは、交尾中にオスを食べてしまうことがある。それなのにオスは食べられながらも生殖器のある限り数時間にも及ぶ交尾を続けるという。しかも、頭を食べられることでオスは性欲が高まり、効率よく子孫を残せるのだそうだ。やせ細ったメスはフェロモンを出してオスを引き寄せ、交尾させずに食べて栄養補給するというから恐ろしい。そんなカマキリ系女子につかまったら、「自分の遺伝子を残すため」と、悪妻ぶりに目をつぶるのが正しい対処法である。ほかに守られ上手なシジミチョウ系女子などの対処法を指南する、虫の生態や交尾方法に学んだ恋愛戦略本。(文藝春秋 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る