日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女と男の名作シネマ」立花珠樹著

 マリリン・モンロー主演でヒットした「七年目の浮気」。出版社勤務のリチャードは妻子が避暑地に出かけたので羽を伸ばそうと思っていた。そこへやってきたのがブロンドの美女。上の階の住人が避暑で留守の間、部屋を借りているという。暑いので冷蔵庫で下着を冷やしていると言われて、リチャードは妄想を膨らませる……。自分が中年太りのもてない男だと言うリチャードに、美女の殺し文句は「女が男に求めるのは、外観じゃなくて(あなたがもっているような)本当の優しさなのよ」。

 ほかに、「ギター弾きの恋」など、一度は見ておきたい恋愛映画100作と、映画に学ぶ〈恋のツボ〉を解説。(言視舎 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事