• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「眠っているとき、脳では凄いことが起きている」ペネロペ・ルイス著、西田美緒子訳

 睡眠と記憶の研究分野で、オーバーナイトセラピー仮説という新しい理論が注目されている。恐怖を体験したとき、人は心拍数が増え、歯をくいしばる。こういう無意識の体の反応はノルエピネフリンという神経伝達物質によってコントロールされている。レム睡眠中は脳内のノルエピネフリンの濃度が最も低くなるため、恐怖の記憶が再生されても、恐怖を感じたときの体の反応を呼び起こさない。感情システムが反応しないのだ。
 この仮説で、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を引き起こすようなトラウマの記憶を変えるという治療が始められている。
 脳神経科学者が睡眠と夢と記憶の秘密を解き明かした一冊。(合同出版 2100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る