• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「眠っているとき、脳では凄いことが起きている」ペネロペ・ルイス著、西田美緒子訳

 睡眠と記憶の研究分野で、オーバーナイトセラピー仮説という新しい理論が注目されている。恐怖を体験したとき、人は心拍数が増え、歯をくいしばる。こういう無意識の体の反応はノルエピネフリンという神経伝達物質によってコントロールされている。レム睡眠中は脳内のノルエピネフリンの濃度が最も低くなるため、恐怖の記憶が再生されても、恐怖を感じたときの体の反応を呼び起こさない。感情システムが反応しないのだ。
 この仮説で、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を引き起こすようなトラウマの記憶を変えるという治療が始められている。
 脳神経科学者が睡眠と夢と記憶の秘密を解き明かした一冊。(合同出版 2100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る