• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「会計士は見た!」前川修満著

 今夏、東芝の不正会計が発覚した。これは〈工事進行基準〉の不適切な計算により利益を過大に計上したケースである。例えば、4年かかる大きな事業を100億円で請け負った場合、3年目までは収益ゼロで4年目に100億円の収益が計上されることになり、毎期の業績が正確に表示されない。そこで、1年目に25%が完成したら25億円を利益に計上する。残りの経費を45億円と見積もっても実際はそれを上回ることがある。一般的には新たな見積もりを行うが、これを隠蔽することで実態よりも過大な収益が計上されることになるのだ。

 他に、大塚家具など、注目を集めた企業の決算書を公認会計士が読み解く。(文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る