「美麗島紀行」乃南アサ著

公開日: 更新日:

 1544年にポルトガル船が台湾を〈発見〉したとき、そこにはマレー・ポリネシア系の部族が先住していた。多民族多言語の住民が暮らす台湾には統一政権がなかったのだが、その後、スペイン、オランダ、日本、中国などが台湾にちょっかいを出した。現在は客家が多く住む地方もあり、台北の市場には客家の料理に使う食材等が売られている。また、日本統治時代に建てられた神社なども残り、日本人にされた人々は今も美しい日本語を話す。

 摩擦や反発はあっても、異界の者同士が触れ合うことで、独特の熱気が生まれたのではないか。

 隣国なのにあまり知られていない台湾の素顔を描いた紀行文。(集英社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  6. 6

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  7. 7

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る

人気キーワード