「政治家・橋下徹に成果なし。」薬師院仁志著

公開日:  更新日:

 大阪維新の会は自分たちの実績を紹介するとき、橋下市長就任以前から大阪市債残高の漸減は始まっていたのに、自分たちの実績に見せるなどの情報操作を行っている。

 また、経済苦の女子高生が私学助成を訴えたときは「日本は自己責任の国だ」と切り捨てたのに、人気取りのために3年後、民主党の政策に上乗せして私立高校授業料の補助金制度を創設した。

 常に場当たり的で、政治家として実績を挙げていない。また、既に住民投票で「大阪都構想」が否定されたのにもかかわらず、再挑戦を口にし、政界引退を表明しながら新党結成をもくろんでいる。社会学者が橋下徹のいかがわしさを検証する。
(牧野出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る