「水中考古学」井上たかひこ著

公開日: 更新日:

 水中考古学とは、海底などに眠る遺跡や沈没船を発掘、保存、調査する研究分野。日本での第一人者が、自ら携わった調査を紹介しながら、その歴史と日本の現状、そして課題を論じた未知の世界への招待状。

 1950年代、エーゲ海のトルコ寄りの海底に、青銅器時代から中世に至るまで、各時代の船が30隻以上も沈没していることが判明し、一帯が水中考古学発祥の地となる。著者は1988年、アメリカのチームがこの海域で行った難破船の発掘調査に参加。地中海交易の通説を覆したという同調査を通して、水中考古学の現場を解説する。さらに、長崎県沖での元寇船や千葉県沖での幕末の黒船の発掘調査などを通し、海底探検と研究の実際に触れる。(中央公論新社 800円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る