「死はこわくない」立花隆著

公開日: 更新日:

 がんと心臓の手術を体験し、近年は老いの進行を強く感じるという“知の巨人”が死について語る。

 中学生のとき、毎朝挨拶を交わしていた隣家のお婆さんの臨終に立ち会ったのを機に、死を意識し始めたという。

 20年前に臨死体験に関する著作を発表し、一昨年にはさらに最新の研究成果を取材。その取材を通じ、臨死体験とは、死後の世界を垣間見ることではなく、死の直前に衰弱した脳が見る「夢」に近い現象であることを科学的に明らかにした。その取材を通じ、死は夢の世界に入っていくのに近い体験なのだから、いい夢を見ようという気持ちで人間は死んでいくことができるのではないかと考えるようになり、死がそれほど怖くなくなったという。(文藝春秋 1000円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  8. 8

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る