• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「死はこわくない」立花隆著

 がんと心臓の手術を体験し、近年は老いの進行を強く感じるという“知の巨人”が死について語る。

 中学生のとき、毎朝挨拶を交わしていた隣家のお婆さんの臨終に立ち会ったのを機に、死を意識し始めたという。

 20年前に臨死体験に関する著作を発表し、一昨年にはさらに最新の研究成果を取材。その取材を通じ、臨死体験とは、死後の世界を垣間見ることではなく、死の直前に衰弱した脳が見る「夢」に近い現象であることを科学的に明らかにした。その取材を通じ、死は夢の世界に入っていくのに近い体験なのだから、いい夢を見ようという気持ちで人間は死んでいくことができるのではないかと考えるようになり、死がそれほど怖くなくなったという。(文藝春秋 1000円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る