「狙撃手のオリンピック」遠藤武文著

公開日: 更新日:

 1979年、ライフル射撃の選手としてオリンピック代表に決まった長野県警の神稲は、ある日、検視官に呼び出される。検視官によると、明科で孤独死した老婆が書いた雑記帳に巡査だった神稲の父親の名前が記されていたという。読むと老婆は神稲の父親に深い恨みを抱いているようだった。日本のモスクワオリンピック不参加が決まり、神稲は、父と老婆の関係を調べ始める。一方、テルアビブ空港乱射事件の被疑者として公安に監視される元過激派の荻窪は、故郷の明科に戻り、身をひそめ自動車修理工場で働いていた。祖母の死後、荻窪は戦死したと聞いていた父親の消息を追う。

 長野オリンピックで交錯する2人の人生を描いた長編サスペンス。(光文社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る

人気キーワード