「狙撃手のオリンピック」遠藤武文著

公開日:  更新日:

 1979年、ライフル射撃の選手としてオリンピック代表に決まった長野県警の神稲は、ある日、検視官に呼び出される。検視官によると、明科で孤独死した老婆が書いた雑記帳に巡査だった神稲の父親の名前が記されていたという。読むと老婆は神稲の父親に深い恨みを抱いているようだった。日本のモスクワオリンピック不参加が決まり、神稲は、父と老婆の関係を調べ始める。一方、テルアビブ空港乱射事件の被疑者として公安に監視される元過激派の荻窪は、故郷の明科に戻り、身をひそめ自動車修理工場で働いていた。祖母の死後、荻窪は戦死したと聞いていた父親の消息を追う。

 長野オリンピックで交錯する2人の人生を描いた長編サスペンス。(光文社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る