• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「狙撃手のオリンピック」遠藤武文著

 1979年、ライフル射撃の選手としてオリンピック代表に決まった長野県警の神稲は、ある日、検視官に呼び出される。検視官によると、明科で孤独死した老婆が書いた雑記帳に巡査だった神稲の父親の名前が記されていたという。読むと老婆は神稲の父親に深い恨みを抱いているようだった。日本のモスクワオリンピック不参加が決まり、神稲は、父と老婆の関係を調べ始める。一方、テルアビブ空港乱射事件の被疑者として公安に監視される元過激派の荻窪は、故郷の明科に戻り、身をひそめ自動車修理工場で働いていた。祖母の死後、荻窪は戦死したと聞いていた父親の消息を追う。

 長野オリンピックで交錯する2人の人生を描いた長編サスペンス。(光文社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る