「フランス人の新しい孤独」マリー=フランス・イリゴエン著、小沢君江訳

公開日:  更新日:

 フランスの精神科医が現代人の抱える孤独について論じた社会論。

 今、多くの人が孤独に苦しみながらも、シングルライフを選ぶ人が増えているのは、苦しみを抱えながらも、同時に静けさと自由を希求しているからだと分析。孤独は悪とされる一方で、特に女性は自立が奨励される。

 経済的にも性生活でも自立した女性は、自由を犠牲にすることを拒み、従来の夫婦生活はなくなりつつあり、関係が希薄なカップルが一般化しつつあるという。一方で、孤独は思わぬエネルギーとインスピレーションが得られる豊かな時間でもあると指摘。カウンセリングをした患者のエピソードを紹介しながら、現代を生きる男女の関係のあり方を見つめる。(緑風出版 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る