「フランス人の新しい孤独」マリー=フランス・イリゴエン著、小沢君江訳

公開日:  更新日:

 フランスの精神科医が現代人の抱える孤独について論じた社会論。

 今、多くの人が孤独に苦しみながらも、シングルライフを選ぶ人が増えているのは、苦しみを抱えながらも、同時に静けさと自由を希求しているからだと分析。孤独は悪とされる一方で、特に女性は自立が奨励される。

 経済的にも性生活でも自立した女性は、自由を犠牲にすることを拒み、従来の夫婦生活はなくなりつつあり、関係が希薄なカップルが一般化しつつあるという。一方で、孤独は思わぬエネルギーとインスピレーションが得られる豊かな時間でもあると指摘。カウンセリングをした患者のエピソードを紹介しながら、現代を生きる男女の関係のあり方を見つめる。(緑風出版 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る