「フランス人の新しい孤独」マリー=フランス・イリゴエン著、小沢君江訳

公開日: 更新日:

 フランスの精神科医が現代人の抱える孤独について論じた社会論。

 今、多くの人が孤独に苦しみながらも、シングルライフを選ぶ人が増えているのは、苦しみを抱えながらも、同時に静けさと自由を希求しているからだと分析。孤独は悪とされる一方で、特に女性は自立が奨励される。

 経済的にも性生活でも自立した女性は、自由を犠牲にすることを拒み、従来の夫婦生活はなくなりつつあり、関係が希薄なカップルが一般化しつつあるという。一方で、孤独は思わぬエネルギーとインスピレーションが得られる豊かな時間でもあると指摘。カウンセリングをした患者のエピソードを紹介しながら、現代を生きる男女の関係のあり方を見つめる。(緑風出版 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  7. 7

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る