「逆島断雄と進駐官養成高校の決闘」石田衣良著

公開日:  更新日:

 逆島断雄の家はかつては日乃元皇国の皇室を守る近衛四家のひとつだったが、父の逆島靖雄中将が軍令違反で逆賊とされてから没落した。だが、真実は謎に包まれている。進駐官養成高校に通う断雄はある日、同級生で同じく近衛四家のひとつ、東園寺家の令嬢、彩子と話をしているとき、いきなりライフルで狙撃された。とっさに身をかわしたが、犯人は不明だ。彩子は皇女瑠子さまからの伝言を断雄に伝えた。「わたしを助けて」と。やがて、ラルク公国を訪問中の羅子女皇と長女の璃子皇女が自爆テロに遭うという事件が発生する。

 争いの嫌いな少年が命を狙われ、自分の能力を駆使してサバイバルする青春アクション。(講談社 1600円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る