「戦う民意」翁長雄志著

公開日: 更新日:

 辺野古基地移設問題で沖縄は政府と対立している。政府は沖縄に海兵隊が駐留することが中国に対する抑止力になると主張するが、アメリカは海兵隊のグアム移転を考えていて、沖縄でなくてもかまわないことになる。海兵隊の沖縄駐留を望んでいるのはむしろ日本政府だ。他の自治体に基地を置くより沖縄に置いたほうが容易だからである。石破茂は、米軍の代わりに自衛隊で構成する海兵隊を置くというが、沖縄県民は基地そのものをなくしたいのだ。沖縄県民の民意を無視した中央集権的手法がまかり通ることは、日本の民主主義の危機である。

〈行動する知事〉がすべての国民に鋭い問いを突き付ける。(KADOKAWA 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  10. 10

    コロナ拡大は安倍政権の人災 国立感染研大リストラの大罪

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る