「桃ノ木坂互助会」川瀬七緒著

公開日:  更新日:

 桃ノ木坂町で生まれ育った70歳の元自衛官・光太郎は、町内に続々と建設されるマンションやアパートの住人たちのマナー違反にいら立つ。

 会長を務める老人会「桃ノ木坂互助会」の選りすぐりのメンバーと「特務隊」を結成し、目に余る住人を町から追い出すために、ターゲットの行動を監視し、分別されないゴミを郵便受けに戻したり、早朝から部屋を間違ったふりをして呼び鈴を鳴らすなどの嫌がらせを続ける。そんな中、武藤という男が、光太郎らに反撃をしてきた。同じころ、DV男の被害女性たちの依頼を受け復讐を代行する沙月が、桃ノ木坂町にやってくる。

 老人たちの「正義」が暴走する長編ミステリー。(徳間書店 670円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る