• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「桃ノ木坂互助会」川瀬七緒著

 桃ノ木坂町で生まれ育った70歳の元自衛官・光太郎は、町内に続々と建設されるマンションやアパートの住人たちのマナー違反にいら立つ。

 会長を務める老人会「桃ノ木坂互助会」の選りすぐりのメンバーと「特務隊」を結成し、目に余る住人を町から追い出すために、ターゲットの行動を監視し、分別されないゴミを郵便受けに戻したり、早朝から部屋を間違ったふりをして呼び鈴を鳴らすなどの嫌がらせを続ける。そんな中、武藤という男が、光太郎らに反撃をしてきた。同じころ、DV男の被害女性たちの依頼を受け復讐を代行する沙月が、桃ノ木坂町にやってくる。

 老人たちの「正義」が暴走する長編ミステリー。(徳間書店 670円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る