「ようこそ夢屋へ 南蛮おたね夢料理」倉阪鬼一郎著

公開日: 更新日:

 安政3年の春、おたねと誠之助の夫婦は、芝の伊皿子坂に飯屋「夢屋」を開く。夫婦は上野黒門町で寺子屋を構えていたが、半年前の大地震で被災。預かっていた子供らは助かったが、幼い娘・ゆめを失ってしまった。

 傷心の中、被災者の炊き出しを手伝うおたねは、同じく震災で夫を亡くしたおりきと意気投合し、2人で店を切り盛りする。一方の誠之助は、師の佐久間象山が蟄居する信州と江戸を行き来しながら、店のために南蛮わたりの食材を探してくる。そして、白金村の農夫・杉造が毎朝持ち込む産みたての卵や、新鮮な野菜を使った店の名物玉子飯を求める客で、店は賑わいをみせるのだった。

 おたねの人柄と料理のぬくもりが人々の心をいやす人情時代小説。(光文社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る