「闘う力」なかにし礼著

公開日: 更新日:

 2012年、食道がんを陽子線治療で克服した著者だったが、昨年2月、リンパ節に新たながんが見つかってしまう。しかも、今回のがんは前回の治療で陽子線を照射した付近にあり、再度陽子線治療を行えば気管支に穴が開く可能性が高かった。

 若い頃に発症した狭心症の影響で心臓が弱く、開胸手術には耐えられる自信がない。仕事は引退し、残された人生を緩和ケアで生きようとすら考えていたという。しかし、主治医らの熱心な説得に心を動かされ、一転、開胸手術を決意。抗がん剤との激しい闘いの末、“再発がん克服”を成し遂げたのだった。

 小説を書き続けたことでもたらされた活力や、メンタル面を医学的に支えた「精神腫瘍科」の存在など、著者の闘う力の源も明らかにしていく。(講談社 1000円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る