「闘う力」なかにし礼著

公開日: 更新日:

 2012年、食道がんを陽子線治療で克服した著者だったが、昨年2月、リンパ節に新たながんが見つかってしまう。しかも、今回のがんは前回の治療で陽子線を照射した付近にあり、再度陽子線治療を行えば気管支に穴が開く可能性が高かった。

 若い頃に発症した狭心症の影響で心臓が弱く、開胸手術には耐えられる自信がない。仕事は引退し、残された人生を緩和ケアで生きようとすら考えていたという。しかし、主治医らの熱心な説得に心を動かされ、一転、開胸手術を決意。抗がん剤との激しい闘いの末、“再発がん克服”を成し遂げたのだった。

 小説を書き続けたことでもたらされた活力や、メンタル面を医学的に支えた「精神腫瘍科」の存在など、著者の闘う力の源も明らかにしていく。(講談社 1000円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る