• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「息子に贈ることば」辻仁成著

 息子に「パパ、若さってどういう意味?」と聞かれた著者は「生きてることで、まだ発見してないものがたくさんあるということだよ」と答える。

「こんなにたくさんの楽しいことがまだまだあるんだと気がつけば気がつくほどに人は若くなるんだよ。十くん、お前は毎日それを見つけようとしているから、若いんだよ」

 息子が詩をつくった。必ず「僕は一人」というフレーズが。「これが僕の全て、なぜなら僕は一人フランスで生まれた」と。

 フランスという異国で父子2人の生活を送っている著者が拾った、日々成長する息子の言葉と、息子に話しかける言葉の贈り物。(文藝春秋 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る