「名作うしろ読みプレミアム」斎藤美奈子著

公開日:  更新日:

「これこそ、昼のために、とっておくべきものだ」

 本が禁制品になった近未来で、役所の焚書課に勤めるモンターグは違反者の本を焼くのが仕事だ。だが、本の魅力に取りつかれ、重い本を抱えて逃げる。そのときつぶやくのが冒頭の言葉。

 読書の明日を信じる結末になっているのだが、斎藤は作品中の「スピードが求められる時代には本も簡約版になり、すべては煮つまってギャグの一句になり、簡単に結末に達する」という言葉を引用し、焚書とは言論統制ではなく、大衆化のなれの果てだと喝破する。スマホも焚書の尖兵かもしれないと(「華氏451度」)。

 名作をラストの一文から読むシリーズ第2弾。(中央公論新社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る