「名作うしろ読みプレミアム」斎藤美奈子著

公開日: 更新日:

「これこそ、昼のために、とっておくべきものだ」

 本が禁制品になった近未来で、役所の焚書課に勤めるモンターグは違反者の本を焼くのが仕事だ。だが、本の魅力に取りつかれ、重い本を抱えて逃げる。そのときつぶやくのが冒頭の言葉。

 読書の明日を信じる結末になっているのだが、斎藤は作品中の「スピードが求められる時代には本も簡約版になり、すべては煮つまってギャグの一句になり、簡単に結末に達する」という言葉を引用し、焚書とは言論統制ではなく、大衆化のなれの果てだと喝破する。スマホも焚書の尖兵かもしれないと(「華氏451度」)。

 名作をラストの一文から読むシリーズ第2弾。(中央公論新社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

もっと見る