「名作うしろ読みプレミアム」斎藤美奈子著

公開日: 更新日:

「これこそ、昼のために、とっておくべきものだ」

 本が禁制品になった近未来で、役所の焚書課に勤めるモンターグは違反者の本を焼くのが仕事だ。だが、本の魅力に取りつかれ、重い本を抱えて逃げる。そのときつぶやくのが冒頭の言葉。

 読書の明日を信じる結末になっているのだが、斎藤は作品中の「スピードが求められる時代には本も簡約版になり、すべては煮つまってギャグの一句になり、簡単に結末に達する」という言葉を引用し、焚書とは言論統制ではなく、大衆化のなれの果てだと喝破する。スマホも焚書の尖兵かもしれないと(「華氏451度」)。

 名作をラストの一文から読むシリーズ第2弾。(中央公論新社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る