• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「名作うしろ読みプレミアム」斎藤美奈子著

「これこそ、昼のために、とっておくべきものだ」

 本が禁制品になった近未来で、役所の焚書課に勤めるモンターグは違反者の本を焼くのが仕事だ。だが、本の魅力に取りつかれ、重い本を抱えて逃げる。そのときつぶやくのが冒頭の言葉。

 読書の明日を信じる結末になっているのだが、斎藤は作品中の「スピードが求められる時代には本も簡約版になり、すべては煮つまってギャグの一句になり、簡単に結末に達する」という言葉を引用し、焚書とは言論統制ではなく、大衆化のなれの果てだと喝破する。スマホも焚書の尖兵かもしれないと(「華氏451度」)。

 名作をラストの一文から読むシリーズ第2弾。(中央公論新社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る