パレスチナの“壁”の中の戦時下の日常「オマールの壁」

公開日:  更新日:

 20世紀後半以来の世界の現代史上で最も悪名高いふたつの「壁」。ひとつは長く東西冷戦の象徴だった「ベルリンの壁」。もうひとつがヨルダン川西岸にイスラエルが勝手に建てた「パレスチナの壁」だ。現在都内公開中の「オマールの壁」は、パレスチナ人の生活空間を恣意的に分断するこの壁をモチーフにした話題のパレスチナ映画だ。

 オマールは自治区に住むパン職人のパレスチナ人青年。「壁」の向こうにいる活動家の友人タリクに会いに、毎日のように危険を冒して壁を乗り越える。しかし実は本当の目的はタリクの妹ナディアに会うこと。パレスチナの若者のみんなが政治化しているわけではない。オマールもまた、恋する相手と結ばれることだけ夢見る平凡な男子なのだ。

 しかし、成り行きで彼はイスラエルの公安警察に見込まれ、抵抗組織の内通者にされそうになるが、むしろ本当に映画を突き動かしているのは“戦時下の日常”の感触だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る