米報道界の実話を描く「スポットライト 世紀のスクープ」

公開日:  更新日:

 ジャーナリズムの世界から気骨が失われて久しい。安倍政権のマスコミいじめのはるか前から、大手報道機関のふがいなさは繰り返し指摘されてきた。

 しかし、だからこそ世間はジャーナリズムには再起を期待もしているのだ……と、そんなことを思わせるのが今週末封切りの「スポットライト 世紀のスクープ」。米報道界の実話を描き、アカデミー賞6部門ノミネートを得た米国映画である。

 舞台は一流紙「ボストン・グローブ」編集部。古都ボストンはアイルランド系が強く、つまりカトリックの本拠地なのだが、そんな街の地元紙がこともあろうにカトリック教会の神父たちの性的スキャンダルを暴露。なんと相当数の聖職者たちが長年、聖歌隊の少年たちにセクハラやレイプをおこなっていたというのだ。

 この話、暴露が同時多発テロの直前だったせいで教会批判に至らなかったのだが、ここにきて米国内で関心が再燃。連日ニュースのトップを占める騒ぎとなった。

 映画では部数の低迷やエース記者の引き抜きに悩む新聞社の現実、教会内外からかけられる露骨な圧力、記者たちの迷いとためらいなどをベタに描く。要は再現ドラマなのだが、その薄っぺらさがないのは“ブンヤ”になりきった役者たちの力によるところが大きい。記者をめざす大学生らの間で前評判というのもうなずける出来なのだ。

 ビル・コヴァッチほか著「ジャーナリズムの原則」(日本経済評論社 1800円+税)は米国の記者養成課程で使われる教科書。「権力に対する独立した監視役」という言葉の本義を改めて噛みしめたい。〈生井英考〉


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る