米報道界の実話を描く「スポットライト 世紀のスクープ」

公開日: 更新日:

 ジャーナリズムの世界から気骨が失われて久しい。安倍政権のマスコミいじめのはるか前から、大手報道機関のふがいなさは繰り返し指摘されてきた。

 しかし、だからこそ世間はジャーナリズムには再起を期待もしているのだ……と、そんなことを思わせるのが今週末封切りの「スポットライト 世紀のスクープ」。米報道界の実話を描き、アカデミー賞6部門ノミネートを得た米国映画である。

 舞台は一流紙「ボストン・グローブ」編集部。古都ボストンはアイルランド系が強く、つまりカトリックの本拠地なのだが、そんな街の地元紙がこともあろうにカトリック教会の神父たちの性的スキャンダルを暴露。なんと相当数の聖職者たちが長年、聖歌隊の少年たちにセクハラやレイプをおこなっていたというのだ。

 この話、暴露が同時多発テロの直前だったせいで教会批判に至らなかったのだが、ここにきて米国内で関心が再燃。連日ニュースのトップを占める騒ぎとなった。

 映画では部数の低迷やエース記者の引き抜きに悩む新聞社の現実、教会内外からかけられる露骨な圧力、記者たちの迷いとためらいなどをベタに描く。要は再現ドラマなのだが、その薄っぺらさがないのは“ブンヤ”になりきった役者たちの力によるところが大きい。記者をめざす大学生らの間で前評判というのもうなずける出来なのだ。

 ビル・コヴァッチほか著「ジャーナリズムの原則」(日本経済評論社 1800円+税)は米国の記者養成課程で使われる教科書。「権力に対する独立した監視役」という言葉の本義を改めて噛みしめたい。〈生井英考〉


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る