• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【18歳選挙権】若者世代は日本の政治を変えられるか?

「18歳選挙世代は日本を変えるか」原田曜平著

 いよいよ始まる18歳投票。政治に無関心といわれる若者世代は日本の政治を変えられるか――。

「マイルドヤンキー」「さとり世代」など数々の流行語を世に広めた広告代理店系アナリストによる18歳選挙論。

 18歳は高校と大学にまたがるが、学校のスケジュールが規則的な高校生は実は意外にテレビを見ており、政治ニュースもテレビで知ることが多い。ところが大学生になるとテレビの視聴時間が激減し、情報の入り口はSNSべったり。また現今の18歳は団塊ジュニアとも違って数が少ないため「マイノリティー意識」が強いという。

 反安保法制デモで一躍知られた「SEALDs」は「今の若者世代の代表」とは言えないとバッサリ。彼らの存在が心に「刺さった」のはむしろ団塊世代などの高齢層で、現代の多くの若者は謙虚(「自分を大人と思わない」18歳が83.9%)で、平和主義的(「汚い言葉で罵るのは苦手」)で、親との関係も上下の垂直型ではなく友達感覚の水平型。それゆえ物わかりのいい親の元で育った彼らには「親と一緒に選挙に行こう」キャンペーンが有効ではないかとも提言する。(ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る