「PTAグランパ!」中澤日菜子氏

公開日:  更新日:

 主人公は、大手家電メーカーを定年退職し、悠々自適の隠居生活を送る武曾勤67歳。ある日、商社勤めの一人娘が小学校1年の孫娘を連れて出戻ってきた。忙しい娘にかわりPTA副会長を引き受けたものの、主婦たちの戦場で“ザ・昭和の男”は大苦戦――。

「私、昔からオジサンを観察するクセがあるんですが、今、見ていて飽きないのは定年退職した60代半ばの男性。高度成長期に仕事一筋で生きてきて、定年になったとたん、次に何をやろうかとジタバタもがく様子がユーモラスに見えるんです(笑い)。そんな男性が、仕事という支えがなくなったとき、どういう生き方ができるのかを書いてみたかった。しかも、仕事とは対極にあるお母さんの巣窟のようなPTAにポンと放り込んだら、すごい化学反応が生まれるんじゃないかと思ったんです」

 PTAのメンバーは会長が24歳金髪のギャル男、もうひとりの副会長はパートで働く主婦・順子。さらに会計監査でボスママの雅恵と、その取り巻きたちという面々だ。「効率第一」「資料づくりは女の仕事」――。会社の世界しか知らない勤が女性陣とうまくいくわけがなく、たちまち総スカンを食ってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る