「PTAグランパ!」中澤日菜子氏

公開日: 更新日:

 主人公は、大手家電メーカーを定年退職し、悠々自適の隠居生活を送る武曾勤67歳。ある日、商社勤めの一人娘が小学校1年の孫娘を連れて出戻ってきた。忙しい娘にかわりPTA副会長を引き受けたものの、主婦たちの戦場で“ザ・昭和の男”は大苦戦――。

「私、昔からオジサンを観察するクセがあるんですが、今、見ていて飽きないのは定年退職した60代半ばの男性。高度成長期に仕事一筋で生きてきて、定年になったとたん、次に何をやろうかとジタバタもがく様子がユーモラスに見えるんです(笑い)。そんな男性が、仕事という支えがなくなったとき、どういう生き方ができるのかを書いてみたかった。しかも、仕事とは対極にあるお母さんの巣窟のようなPTAにポンと放り込んだら、すごい化学反応が生まれるんじゃないかと思ったんです」

 PTAのメンバーは会長が24歳金髪のギャル男、もうひとりの副会長はパートで働く主婦・順子。さらに会計監査でボスママの雅恵と、その取り巻きたちという面々だ。「効率第一」「資料づくりは女の仕事」――。会社の世界しか知らない勤が女性陣とうまくいくわけがなく、たちまち総スカンを食ってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る