「日本刀の科学」臺丸谷政志著

公開日:  更新日:

 独自の形態と機能美を備えたわが国特有の武器である日本刀。伝統技術に基づくその作刀工程から武器としての機能まで、科学的観点から解説した入門書。

 平安中期に出現したといわれる日本刀は、日宋貿易の重要な輸出品にもなり、11世紀にはすでに日本刀の呼称で宋の人々に武器、さらに美術工芸品として高く評価されていた。反りのない直刀だった奈良時代の上古刀に始まるその歴史を概観。

 その上で、たたら製法によって作られる素材の和鋼と主に12段階に分かれるその工程を解説。さらに、材料力学の視点で分析する武器としての日本刀の強度や強靱さ、相手の攻撃を受けた際の衝撃応答実験など。日本刀の美しさと強さの秘密に科学の目で迫る。(SBクリエイティブ 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る