• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「熱狂する『神の国』アメリカ」松本佐保著

 アメリカ人はヨーロッパ人よりも格段に信仰心が篤く、建国以来、キリスト教が政治の場で大きな役割を果たし、宗教ロビーや宗教票は大統領選挙にも影響を及ぼしてきた。本書は、歴代大統領とキリスト教票との関係を分析した政治テキスト。

 アメリカではカトリックがプロテスタントに差別され、両者に長い間対立があった。これまでカトリックの大統領はケネディただ一人。ケネディ大統領誕生の道筋を開き、カトリックへの差別改善のきっかけとなったルーズベルト大統領によるニューディール政策などを解説しながら、歴代大統領の政治外交に信仰がどう反映されてきたのかを概観。現在進行中の大統領選を違う視点から見るための格好の参考書。(文藝春秋 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る