「幸せを拒む病」笠原敏雄著

公開日:  更新日:

「締め切り間近にならないと課題に手がつけられない」や「片づけられない症候群」などの身近なケースから、マリッジブルーやマタニティーブルー、子どもの虐待など、本来は幸せなはずの状態で起きてしまう心の病まで、実はすべて「誰もが生まれながらにしてもっている、幸福を否定しようとする強い意志によって起こった現象」だという。

 本書は、心理療法に長年携わってきた著者が、こうした「無意識の意志」がつかさどる心の仕組みを「幸福否定」と名付け解説したテキスト。

 臨床体験から導き出された「幸福否定」の理論を詳述。その理論を用いて、これまで別の原因とされてきたさまざまな異常行動や心因性症状を説明し、頑強な幸福否定の意志を弱める方法を説く。(フォレスト出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る