「熱闘!介護実況」松本秀夫著

公開日:  更新日:

 ラジオ局の人気アナウンサーによる母親介護記。

 1999年秋、それまで元気いっぱいで人生を楽しんでいた母が、突然体の不調を訴える。診断は胆石だった。手術を終えて、一時的に祖母の家に身を寄せるが、今度は祖母から助けを求める電話が入る。本人が死にたがっているというのだ。

 うつ病だった。以後、心療内科に入院したり、新たな治療法を試したりと、病院を放浪。しかし、母の症状は一進一退で、9カ所目の病院でついに前頭葉側頭葉型痴呆(前頭側頭型認知症)と診断される。仕事のため施設に入れた母がスタッフに虐待されていることを知った氏は、2006年同居を決意する……。

 仕事と介護の両立に四苦八苦しながら母をみとるまでの7年間を赤裸々につづる。(バジリコ 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る