「ファイティング40、ママはチャンピオン」鈴木一功著

公開日: 更新日:

 2児の母であり、PTA会長もこなす40歳の妻が芝居の役づくりのためボクシングジムに通い始めたところ、ある日4回戦ボーイの鼻をへし折ってしまう。ジムの会長に才能を見いだされた妻はそれを機に本格的にトレーニングを始め、劇団主宰者で役者の夫の困惑をよそにめきめきと実力を上げていく。

 一方、妻の活躍に取り残された気分になった著者は、妻との関係にさえ自信をなくし、落ち込む日々だ。妻の代わりにPTAに出席し、子供の弁当を作っている間に、妻の肉体は鍛えられ、プロテストに合格した妻はやがて、女子フェザー級世界王座挑戦者に……。

 戦いの日々に、夫婦と家族の絆を問い直すエンタメ中編小説。著者は昔ボクシングをやっていただけに、試合シーンやボクシングに関わる人々の描写がリアリティーにあふれる。(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  4. 4

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  5. 5

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  8. 8

    時代の流れに逆行…花形種目のマラソンが五輪から消える日

  9. 9

    ロッテ1位・佐々木朗希<2>母は女手一つで息子3人を育てた

  10. 10

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る