「蠕動で渉れ、汚泥の川を」西村賢太著

公開日: 更新日:

 17歳の年末、貫多は御徒町の安洋食屋で出前係として働き始める。中卒で世に出て以来、日雇いの港湾人足や製本工場などで糊口をしのいできた貫多にとって、賄いがつく飲食店での仕事はあこがれだった。同い年の高校生バイトたちの話に暗い嫉妬を燃やしながらも、初めて足を踏み入れた飲食業はこれまでの仕事よりも楽に感じる。

 抑えがたい性欲に突き動かされるように、店のホール係の「ブス」を誘ってみようかともくろんでいた矢先、家賃を滞納していた貫多は大家から部屋を明け渡すよう迫られる。年明け、切羽詰まった貫多は、店主の浜岡に泣きつき、店の使っていない空き部屋に住むことに。

 その日暮らしからの脱却を志し、もがく貫多の日々を描いた長編私小説。(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード