日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「蠕動で渉れ、汚泥の川を」西村賢太著

 17歳の年末、貫多は御徒町の安洋食屋で出前係として働き始める。中卒で世に出て以来、日雇いの港湾人足や製本工場などで糊口をしのいできた貫多にとって、賄いがつく飲食店での仕事はあこがれだった。同い年の高校生バイトたちの話に暗い嫉妬を燃やしながらも、初めて足を踏み入れた飲食業はこれまでの仕事よりも楽に感じる。

 抑えがたい性欲に突き動かされるように、店のホール係の「ブス」を誘ってみようかともくろんでいた矢先、家賃を滞納していた貫多は大家から部屋を明け渡すよう迫られる。年明け、切羽詰まった貫多は、店主の浜岡に泣きつき、店の使っていない空き部屋に住むことに。

 その日暮らしからの脱却を志し、もがく貫多の日々を描いた長編私小説。(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事