「民泊ビジネス」牧野知弘著

公開日: 更新日:

 政府は、2020年の外国人旅行者(インバウンド)の目標を、当初の倍の4000万人に引き上げた。

 急激なインバウンドの増加でホテル不足が各地で続いているが、20年時点では、11都府県でホテルの部屋4・1万室分、東京だけで1万室が足りなくなるという。こうした状況の中、個人が自宅などを旅行者らに開放して宿泊用に提供する「民泊」がにわかに注目を集めている。民泊をビジネスにすることは現時点では法律に抵触し、業界の反発も強いが、政権はアベノミクスの切り札として推進に舵を切った。

 ホテル旅館業界の現状と、ニュービジネスとして熱い視線が集まる民泊の可能性と危険性を説いたビジネステキスト。(祥伝社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード