「民泊ビジネス」牧野知弘著

公開日:

 政府は、2020年の外国人旅行者(インバウンド)の目標を、当初の倍の4000万人に引き上げた。

 急激なインバウンドの増加でホテル不足が各地で続いているが、20年時点では、11都府県でホテルの部屋4・1万室分、東京だけで1万室が足りなくなるという。こうした状況の中、個人が自宅などを旅行者らに開放して宿泊用に提供する「民泊」がにわかに注目を集めている。民泊をビジネスにすることは現時点では法律に抵触し、業界の反発も強いが、政権はアベノミクスの切り札として推進に舵を切った。

 ホテル旅館業界の現状と、ニュービジネスとして熱い視線が集まる民泊の可能性と危険性を説いたビジネステキスト。(祥伝社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る