「誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方」石原藤樹著

公開日:

 高齢化社会で慢性疾患を抱える患者が増え、たくさんの薬を常用している人が増えている。元六号通り診療所所長、北品川藤クリニック院長として多くの患者を診てきた著者は、「慢性疾患の投薬治療で重要なことは、薬を始めるタイミングとその始め方、薬をやめるタイミングとそのやめ方にある」という。

 本書では、安定剤と睡眠剤、降圧剤、コレステロール降下剤、ワルファリン、糖尿病治療薬、抗甲状腺剤について、それぞれ始め方とやめ方を解説。ガイドライン、文献、臨床経験を総合的に鑑みて行き着いた方法を提案している。

 たとえば、パニック障害や不眠症の患者に処方される「ベンゾジアゼピン」は、急に中断すると病状が悪化するため、離脱には注意が必要だ。著者は、徐々に減量する「漸減法」と、別の薬に置き換えてから離脱にもっていく「置換法」を組み合わせているという。

 ただ、重要なのは、事前に患者としっかり相談して薬のリスクを説明し、離脱の意思を確認すること。その上で、離脱スケジュールを共同で作成し、薬を替えずに2週間に10分の1ずつ減らしていくという。

 自分が飲んでいる薬の正しいやめ方を知っておきたい。(総合医学社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る