「鬼手 小早川秀秋伝」大塚卓嗣著

公開日: 更新日:

 秀吉の養子として育てられ、豊臣家に身を捧げる使命を背負っていたはずが、関ケ原の戦いで東軍に寝返ったことで、裏切り者のレッテルを貼られてきた小早川秀秋。優柔不断で無能な者として描かれることの多かった秀秋は、本当に愚者だったのか。本書は、秀吉に忠義を果たそうとするあまり、愚者を装ったという新しい小早川秀秋像を描いた歴史小説だ。

 秀吉亡き後、忠誠を尽くすふりをしつつ寝首をかこうと家臣たちが策略を謀るのを感じた秀秋は、秀吉から「秀」の字をもらった者こそが次の日本をつくり上げると信じ、豊臣秀頼を中心に東を徳川秀忠が、西を自身が担うという未来図を描いたという設定が面白い。しかも、その純粋な思いはある人物の思惑に利用されてしまう。

 兄のような宇喜多秀家、律義者の徳川家康、冷酷無比な大谷吉継など、今までにない人物設定となっており、同じ歴史上の出来事が、解釈によって全く見え方が変わることに気づかされる。(光文社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  3. 3

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  4. 4

    ハワイ新婚旅行で事務所から自粛要請 約束破れば全体責任

  5. 5

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    NHKドラマで復活 東出昌大が復帰に動き出せた3つの理由

もっと見る