「嘘ですけど、なにか?」木内一裕著

公開日:

 主人公は、32歳独身の文芸編集者・水嶋亜希。愛人候補の女の写真を単行本の装丁に使いたいとごねる作家が出現すれば、おだてながらもひどい表紙にならないように上手に誘導し、小説の映画化が流れて嘆く女流作家が現れれば、見てきたような嘘をついて気持ちをおさめるなど、どんなことでも日々嘘をつきながらしのいできた。

 そんな亜希がひょんなことから、外務省の名刺を持つ男・待田隆介と知り合う。珍しく心がときめき、エリート官僚の妻の座が見えたかと思ったのも束の間、あるテロ事件が起きたことをきっかけに、なぜか自分が殺人容疑で指名手配を受ける羽目に。すてきに見えていた待田に対する疑心暗鬼も湧いてくる。果たして亜希の運命は……。

 人気の不良漫画「BE-BOP-HIGHSCHOOL」の作者で、小説家としても活躍している著者の最新作。嘘のうまい女性編集者と、次から次へと打つ手が裏目に出てしまう国家の威信を背負ったエリート官僚とのドタバタ攻防劇が面白い。(講談社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る