「嘘ですけど、なにか?」木内一裕著

公開日: 更新日:

 主人公は、32歳独身の文芸編集者・水嶋亜希。愛人候補の女の写真を単行本の装丁に使いたいとごねる作家が出現すれば、おだてながらもひどい表紙にならないように上手に誘導し、小説の映画化が流れて嘆く女流作家が現れれば、見てきたような嘘をついて気持ちをおさめるなど、どんなことでも日々嘘をつきながらしのいできた。

 そんな亜希がひょんなことから、外務省の名刺を持つ男・待田隆介と知り合う。珍しく心がときめき、エリート官僚の妻の座が見えたかと思ったのも束の間、あるテロ事件が起きたことをきっかけに、なぜか自分が殺人容疑で指名手配を受ける羽目に。すてきに見えていた待田に対する疑心暗鬼も湧いてくる。果たして亜希の運命は……。

 人気の不良漫画「BE-BOP-HIGHSCHOOL」の作者で、小説家としても活躍している著者の最新作。嘘のうまい女性編集者と、次から次へと打つ手が裏目に出てしまう国家の威信を背負ったエリート官僚とのドタバタ攻防劇が面白い。(講談社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  8. 8

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る