• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「嘘ですけど、なにか?」木内一裕著

 主人公は、32歳独身の文芸編集者・水嶋亜希。愛人候補の女の写真を単行本の装丁に使いたいとごねる作家が出現すれば、おだてながらもひどい表紙にならないように上手に誘導し、小説の映画化が流れて嘆く女流作家が現れれば、見てきたような嘘をついて気持ちをおさめるなど、どんなことでも日々嘘をつきながらしのいできた。

 そんな亜希がひょんなことから、外務省の名刺を持つ男・待田隆介と知り合う。珍しく心がときめき、エリート官僚の妻の座が見えたかと思ったのも束の間、あるテロ事件が起きたことをきっかけに、なぜか自分が殺人容疑で指名手配を受ける羽目に。すてきに見えていた待田に対する疑心暗鬼も湧いてくる。果たして亜希の運命は……。

 人気の不良漫画「BE-BOP-HIGHSCHOOL」の作者で、小説家としても活躍している著者の最新作。嘘のうまい女性編集者と、次から次へと打つ手が裏目に出てしまう国家の威信を背負ったエリート官僚とのドタバタ攻防劇が面白い。(講談社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る