「嘘ですけど、なにか?」木内一裕著

公開日: 更新日:

 主人公は、32歳独身の文芸編集者・水嶋亜希。愛人候補の女の写真を単行本の装丁に使いたいとごねる作家が出現すれば、おだてながらもひどい表紙にならないように上手に誘導し、小説の映画化が流れて嘆く女流作家が現れれば、見てきたような嘘をついて気持ちをおさめるなど、どんなことでも日々嘘をつきながらしのいできた。

 そんな亜希がひょんなことから、外務省の名刺を持つ男・待田隆介と知り合う。珍しく心がときめき、エリート官僚の妻の座が見えたかと思ったのも束の間、あるテロ事件が起きたことをきっかけに、なぜか自分が殺人容疑で指名手配を受ける羽目に。すてきに見えていた待田に対する疑心暗鬼も湧いてくる。果たして亜希の運命は……。

 人気の不良漫画「BE-BOP-HIGHSCHOOL」の作者で、小説家としても活躍している著者の最新作。嘘のうまい女性編集者と、次から次へと打つ手が裏目に出てしまう国家の威信を背負ったエリート官僚とのドタバタ攻防劇が面白い。(講談社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る