「こちら文学少女になります」小嶋陽太郎著

公開日:  更新日:

 主人公は、青年向け漫画誌「ヤングビート」に配属されたばかりの新人編集者・山田友梨。根っからの文学少女だったため、入社試験を受けた際には文芸部門に配属されるよう熱心にアピールしたのだが、なぜか漫画部門の、しかも男性編集者しかいない「ヤングビート」に紅一点配属されてしまったのだ。

 納得できないまま仕事を始めたものの、いきなり担当になった大物作家を怒らせてしまい、人気シリーズを終了させてしまうことに。さらに、エージェントを通してしか連絡できない謎の覆面漫画家や、友梨と似た女を描くエロ漫画家の担当になり、次から次へと心が折れる事件がふりかかる。セクハラとパワハラの嵐が吹く職場のなかで早くも挫折しそうな友梨だったが……。

「気障でけっこうです」で第16回ボイルドエッグズ新人賞を受賞した期待の新人作家の最新作。不器用な主人公が、編集者として成長していく青春物語を、ユーモアたっぷりの軽妙な文体で描いている。(文藝春秋 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る