• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「こちら文学少女になります」小嶋陽太郎著

 主人公は、青年向け漫画誌「ヤングビート」に配属されたばかりの新人編集者・山田友梨。根っからの文学少女だったため、入社試験を受けた際には文芸部門に配属されるよう熱心にアピールしたのだが、なぜか漫画部門の、しかも男性編集者しかいない「ヤングビート」に紅一点配属されてしまったのだ。

 納得できないまま仕事を始めたものの、いきなり担当になった大物作家を怒らせてしまい、人気シリーズを終了させてしまうことに。さらに、エージェントを通してしか連絡できない謎の覆面漫画家や、友梨と似た女を描くエロ漫画家の担当になり、次から次へと心が折れる事件がふりかかる。セクハラとパワハラの嵐が吹く職場のなかで早くも挫折しそうな友梨だったが……。

「気障でけっこうです」で第16回ボイルドエッグズ新人賞を受賞した期待の新人作家の最新作。不器用な主人公が、編集者として成長していく青春物語を、ユーモアたっぷりの軽妙な文体で描いている。(文藝春秋 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る