「こちら文学少女になります」小嶋陽太郎著

公開日: 更新日:

 主人公は、青年向け漫画誌「ヤングビート」に配属されたばかりの新人編集者・山田友梨。根っからの文学少女だったため、入社試験を受けた際には文芸部門に配属されるよう熱心にアピールしたのだが、なぜか漫画部門の、しかも男性編集者しかいない「ヤングビート」に紅一点配属されてしまったのだ。

 納得できないまま仕事を始めたものの、いきなり担当になった大物作家を怒らせてしまい、人気シリーズを終了させてしまうことに。さらに、エージェントを通してしか連絡できない謎の覆面漫画家や、友梨と似た女を描くエロ漫画家の担当になり、次から次へと心が折れる事件がふりかかる。セクハラとパワハラの嵐が吹く職場のなかで早くも挫折しそうな友梨だったが……。

「気障でけっこうです」で第16回ボイルドエッグズ新人賞を受賞した期待の新人作家の最新作。不器用な主人公が、編集者として成長していく青春物語を、ユーモアたっぷりの軽妙な文体で描いている。(文藝春秋 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る