「『ぼんやり』が脳を整理する」菅原洋平著

公開日:

 脳のリハビリテーションを専門にしている作業療法士である著者は、人間の脳がひらめき、大きく前進するときに見られる共通点は、①「気づきをつくる」、②「ぼんやりする」、③「自分を外から見る」の3点だという。これを順番に実行するだけで、仕事で多忙なサラリーマンでも、効率的にひらめきを生み出せるという。

 脳には、情報を入力する「実行系ネットワーク」、脳内の情報をまとめる「デフォルトモードネットワーク」、2つを切り替える「セイリアンスネットワーク」の3つの神経ネットワークがある。セイリアンスネットワークを基盤として、①気づきをつくる段階を実行系ネットワークが、②ぼんやりする段階をデフォルトモードネットワークが担っている。この2つのモードが両立して作業をしている自分を、③もう一人の自分が外から見て指示を出す状態を「メタ認知」と呼び、これがひらめきを生み出す。

 これらのネットワークの協調を邪魔してしまうNG行動は、「ネットで詳しく記事を読む」「入門から勉強する」「落ちついてから考えようと宿題にする」「場所を替えてカフェで作業する」「アイデアについて議論する」だという。

 本書で解説している脳がひらめきを生み出す仕組みを理解すれば、取るべき行動、やってはいけない行動が分かる。(大和書房 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る