• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「夜行」森見登美彦著

投稿日:

 学生時代に通っていた英会話スクールの仲間5人が「鞍馬の火祭り」を見に行こうと、京都に集まった。実は10年前、6人で出かけた火祭りの夜に、仲間の女性1人が忽然と姿を消した。彼女はまだ、あの夜の中にいるのだろうか。

「有頂天家族」で天狗や化けタヌキが跋扈する世界を描いた作者による連作怪談である。

 失踪した彼女に招かれるように久々に顔を合わせたかつての仲間は、貴船川沿いの宿で、それぞれに自分の旅の思いを語りだす。どの話も、背筋がぞくりとする体験を含んでいた。

 家出した妻を捜して尾道を訪れた中井は、廃屋で妻そっくりの女に会う。男女4人で奥飛騨を旅した武田は、霊能者の不気味な予言に振り回される。津軽、天竜峡、そして鞍馬と、奇怪な旅の話が続く。

 不思議なことに、彼らの話には、すでにこの世の人ではない銅版画家・岸田道生の連作「夜行」が関わっていた。永遠に明けない夜に浮かぶ顔のない女。岸田の連作は、現実世界と百鬼夜行する別世界をつなぐ境界なのだろうか。

 鞍馬の火祭りの夜を舞台に、こちら側の世界と向こう側の世界を行きつ戻りつ。ファンタスティックで静寂に満ちた魔境を旅した気分になる。(小学館 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る