「絶景温泉100」高橋喜著

公開日:

 これまで3500以上の温泉を巡ってきた著者が、選りすぐりの「絶景温泉」を紹介してくれるガイドブック。

 著者が考える絶景温泉の条件とは、湯船からの景観が心に残ること。そして、理想は「かけ流し」と温泉そのものが魅力的であることの2つ。

「息をのむ美しさ」という言葉がぴったりの「黄金崎不老ふ死温泉」(青森県)は、日本海が一望できる波打ち際に露天風呂が設けられている。温泉に漬かりながら見る夕日の美しさは格別だったという。その他、落差20メートルで温泉が流れる滝つぼが天然の湯船となった日本三大霊地のひとつ「川原毛地獄」(秋田県)の「川原毛大湯滝」など。とっておきの温泉を、海・山・川・湖とロケーション別に案内。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る