「遊戯神通 伊藤若冲」河治和香著

公開日:  更新日:

 明治36年、友禅や西陣の図案家の雪佳は、打ち合わせに行った川島織物で伊藤若冲の「動植綵絵」をつづれ織りの壁飾りに仕立てているのを見学。仕掛け人は日本郵船のニューヨーク支店に勤務する三原だった。三原によると、翌年のセントルイス万博で公開するパビリオンのテーマが伊藤若冲なのだという。そんな中、雪佳は、若冲の末裔で、舞妓の玉菜と知り合う。

 ある日、雪佳は玉菜に頼まれ、伏見に住む彼女の祖母・極子を訪ねる。極子は若冲の生家である錦市場の青物問屋「枡源」の8代目に嫁いだが、枡源は彼女の孫の代に没落。極子は、嫁いだころはまだ存命だった若冲の妹・美以から聞いたという若冲の話を語りだす。江戸と明治を行き来しながら、天才絵師の心の内奥に迫る長編小説。(小学館 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る