「一〇一教室」似鳥鶏著

公開日: 更新日:

 大学院生の拓也は、叔母に誘われ、いとこの英人が学ぶ恭心学園の体育祭を見学に行く。全寮制中高一貫校の恭心学園は、教育再生を掲げるカリスマ教育者の松田が創立。難関校への高い進学率を誇るとともに、引きこもりや不良の更生でも実績を挙げ、世間の注目を集めていた。翌月、拓也は英人の訃報を聞き耳を疑う。死因は虚血性心疾患だというが、告別式では棺が開けられることもなく、拓也は不審を抱く。拓也は、同じ思いを抱くいとこの沙雪と遺品を受け取りに行くという名目で学園を訪ねる。養護教師の金尾によると、教師たちは部活中に倒れた英人を、金尾の判断も仰がず、自ら病院に運んだという。

 生徒を外界から隔離し管理する学校を舞台に描く長編ミステリー。(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る