• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「一〇一教室」似鳥鶏著

 大学院生の拓也は、叔母に誘われ、いとこの英人が学ぶ恭心学園の体育祭を見学に行く。全寮制中高一貫校の恭心学園は、教育再生を掲げるカリスマ教育者の松田が創立。難関校への高い進学率を誇るとともに、引きこもりや不良の更生でも実績を挙げ、世間の注目を集めていた。翌月、拓也は英人の訃報を聞き耳を疑う。死因は虚血性心疾患だというが、告別式では棺が開けられることもなく、拓也は不審を抱く。拓也は、同じ思いを抱くいとこの沙雪と遺品を受け取りに行くという名目で学園を訪ねる。養護教師の金尾によると、教師たちは部活中に倒れた英人を、金尾の判断も仰がず、自ら病院に運んだという。

 生徒を外界から隔離し管理する学校を舞台に描く長編ミステリー。(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る