「一〇一教室」似鳥鶏著

公開日:

 大学院生の拓也は、叔母に誘われ、いとこの英人が学ぶ恭心学園の体育祭を見学に行く。全寮制中高一貫校の恭心学園は、教育再生を掲げるカリスマ教育者の松田が創立。難関校への高い進学率を誇るとともに、引きこもりや不良の更生でも実績を挙げ、世間の注目を集めていた。翌月、拓也は英人の訃報を聞き耳を疑う。死因は虚血性心疾患だというが、告別式では棺が開けられることもなく、拓也は不審を抱く。拓也は、同じ思いを抱くいとこの沙雪と遺品を受け取りに行くという名目で学園を訪ねる。養護教師の金尾によると、教師たちは部活中に倒れた英人を、金尾の判断も仰がず、自ら病院に運んだという。

 生徒を外界から隔離し管理する学校を舞台に描く長編ミステリー。(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る