• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ポケット版大阪名物なにわみやげ」井上理津子・団田芳子著

 大阪中を歩き回ってかき集めた500余品から、選び抜いた大阪土産にふさわしい名物を紹介するグラフィック・エッセー。

 ダシにこだわる大阪の料理人たちが通う「こんぶ土居」の「古式こんぶ茶」をはじめ、戦後から続く堺市の持ち帰り専門の穴子寿司の店「深清鮓」の「穴子にぎり」、大阪とその周縁のローカルフードである黒門市場「日進堂」の「紅しょうがの天ぷら」、和牛専門レストラン「はり重」の「お肉の佃煮」、そして焼き菓子嫌いの著者を打ちのめした「サロン・ド・テ・コーイチ」の「鳴門金時ケーキ」など。美味珍味から、文化年間創業という老舗の粉歯磨き「はこべ塩歯磨」などの日用品まで62品の逸品がずらり。大阪観光のサブガイドブックにも適。(新潮社 790円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る